主体カラダや細胞板などについて学習をしました

演習しました。各染色ボディーは縦に裂けて2つに分かれ、紡錘糸に引かれて両極に移動します。両極の染色ボディーは濃密がゆるみ、細くなります。染色体の濃密は再度ゆるみ、ソース膜に包まれます。ソース小体が現れます。細胞素材のダウンによって2つの細胞になります。ボディー細胞ダウンでは、本当にソースが2つに分ける核分裂が起こります。核分裂の過程は、ソースや染色体位により、前期、中期、後期、終期に区切ることができます。そして、終期には核分裂に引き続いて細胞素材ダウンが起こり、細胞素材が2つに分かれます。ダウン前の元凶の細胞を女房細胞と効く、新しくつくられた2個の細胞を息子細胞といいます。ボディー細胞ダウンの手続き過程は、鳥獣細胞と植物細胞で断じて共通していますが、植物細胞では殆どボディーがないので、星状ボディーが出現しない科目が鳥獣細胞と異なります。また、細胞素材ダウンが鳥獣細胞では細胞膜が括れるように分裂するのに対し植物細胞では細胞板が現れて、しきられることによってダウン決める。細胞板は後、細胞障害となります。勉強になりました。http://www.elpalacete-hotel.com/musee-hanashita.html