結婚式の仕事をしてきました。ニッコリしわの出来上がり。

前週土曜日、嫁入りの業の請求がありました。
アテンド(新郎新婦の介添えの業だ)の業ですが、気を使う業ですので月に2回ほどのペースで受けます。
お天道様が良かったのか、タイプが手広く期間隔たりで2班のアテンドをさせていただきました。
常に思いますが、花嫁さんの素晴らしい状況・・結婚式浴びる花嫁さん素敵ばかりでしょっちゅう感心します。(ビューティー師さんメーキャップさんが激しいのでしょうか?いえいえ、果たして美しいのです。幸せの含み笑いが最高のメーキャップだ。)
今回のタイプは、ちょっぴり設問がありました。実情がおありだとは思いますが新郎くんのお父様と母さんのちゃぶ台が別なのです。
そして、最後の親族代表会釈が新婦くんのお父様でした。(新郎くんのお父様が元来会釈しますので)
喜びいっぱいの縁台で新郎くんのお父様が能面のように面持ちを守るのも違和感がありました。
大きなお世話ですよね・・笑わなくてもいいのですが・・
これから、しだいに特好機事を読んでみると、新郎くんのお父様と母さんは実情があり別ちゃぶ台と、ありました。(赤ん坊の結婚式まで持ち込まなければならない現象があったのか?)
個人たちは何が生じるにせよ、やっぱ子供たちの結婚式は笑顔で起こるほうが必須良いですよね。
新郎新婦は常常幸せそうでほほえましく、俺はもっぱら末永くの喜びを祈るばかりだ。あまりにもニヤリし過ぎで俺はまたしわが深くなりました。(幸せのおすそ訳のしわだ。)
そして、新郎くんのご父兄がこういう幸せな赤ん坊カップルを見て以前の個人たちを思い起こしまた仲良くなってくださいと想うワンデイでした。ミュゼ 100