近所の中学生から、体育祭の演習の調が聞こえてきます。

わたしの家庭から100メートルも離れていないところに地元の中学生があります。ちなみに、現在いるところはわたしの地方ではないので、あたいはその中学生の生まれ故郷ではありません。
現在、その中学生から体育祭の手伝いのトレーニング?らしい声がちょいちょい聞こえてきます。吹奏楽部も手伝い歌の伴奏のトレーニングをしているみたいで、夜の7ご時世くらいまで熱唱の音調が聞こえてきます。つい、遠いむかしあたいも中学校だったうちを思い出して、青春って受け取りですなぁと、妙に自分が女性になったように感じます。
わたしの時は、手伝い団長が長いハチマキを頭に巻いて、あれこれを仕切っていて、しかも、その手伝い団長に達するお客様はだいたい3年生の中で最良カッコよくてアクセスがすばやいスポーツマンバリエーションのお客様っていうのが毎年慣例の流れでした。今もそうなんでしょうか?そもそも、アクセスが手早いスポーツマンがカッコよくてモテるっていう用意本人、今の中学校に通用するのかもよく分かりません。
今はただ、体育祭の当日に晴れ上がると思わしいね、と思いながら通りすがりに見極めるだけだ。キレイモ 月額制