りゅうこつ座のことや超新星などについて勉強

星などについて勉強しました。りゅうこつ座η星は、太陽の100倍以上の質量をもつ星です。150年ほど前に爆発を起こし、そのとき吹き飛ばされた物質が星のまわりにまゆ型に広がっています。かに星雲(NGC1952)は、1054年に出現した超新星のなごりの星雲です。この星雲の中心星は、電波を規則正しい周期でパルス状に反射しパルサーとよばれています。これは、中性子星と考えられています。大マゼラン雲の超新星1987Aは、1987年にわが銀河系のすぐそばの銀河、大マゼラン雲に出現した超新星です。岐阜県神岡鉱山の地下1000mにある観測施設でこの超新星から放出されたニュートリノという粒子を検出しました。恒星がその形を維持するためには、物質を縮めようとする重力に対抗する力が必要です。しかし超高密度になった場合、ささえられる質量に限界があることを1935年にインド出身の天体物理学者チャンドラセカールが指摘しました。総量規制対象外 お金 借りる