音楽教室への著作権使用料の負担を課すことについて

JASRAC(日本音楽著作権協会)が全国の音楽教室に対して著作権料を払うように求める動きをしているようです。
音楽CDの販売低迷などで、楽曲の作り手に渡る報酬が減少する事態が起きている事はよく耳にします。
それで生活できる人達が減る事で音楽文化が衰退することは憂慮すべき事だとも思います。
一方で過去に子供を音楽教室に通わせていた経験がありますが書道などと比べるとレッスン料は高めで、発表会やコンクールなど追加の出費も複数あります。
個人の教室は例外として法人の教室を対象にするようですが、今回の措置が決定すれば結局はレッスン料に上乗せされていくのでしょう。
音楽は素晴らしく情操教育にもなり、少しでも多くの子供達が音楽を学んで将来の音楽ソフトの買い手となっていくようになるために、著作権協会も音楽教室で裾野を広げる事を大きな目で考えて頂けたらと願います。
ネット配信の中など収入源を増やす対象を何とか探して、収入の仕組みを作って頂けたらと願います。エピレVIO脱毛

近所の中学生から、体育祭の演習の調が聞こえてきます。

わたしの家庭から100メートルも離れていないところに地元の中学生があります。ちなみに、現在いるところはわたしの地方ではないので、あたいはその中学生の生まれ故郷ではありません。
現在、その中学生から体育祭の手伝いのトレーニング?らしい声がちょいちょい聞こえてきます。吹奏楽部も手伝い歌の伴奏のトレーニングをしているみたいで、夜の7ご時世くらいまで熱唱の音調が聞こえてきます。つい、遠いむかしあたいも中学校だったうちを思い出して、青春って受け取りですなぁと、妙に自分が女性になったように感じます。
わたしの時は、手伝い団長が長いハチマキを頭に巻いて、あれこれを仕切っていて、しかも、その手伝い団長に達するお客様はだいたい3年生の中で最良カッコよくてアクセスがすばやいスポーツマンバリエーションのお客様っていうのが毎年慣例の流れでした。今もそうなんでしょうか?そもそも、アクセスが手早いスポーツマンがカッコよくてモテるっていう用意本人、今の中学校に通用するのかもよく分かりません。
今はただ、体育祭の当日に晴れ上がると思わしいね、と思いながら通りすがりに見極めるだけだ。キレイモ 月額制